2月 03

営業代行は忙しい経営者の味方

経営者の中には、出来るだけ少人数で会社を回していきたいと思っている人も少なくありません。
特に営業は、仕事の中でも時間のかかるものです。
一時的に忙しい状況に置かれた経営者は営業をしている余裕がない場合も多く、一時的という状況だからこそ、求人募集を出したくないと判断する事もあるでしょう。
そして、営業も仕事の一部ですから、中断するわけにもいきません。
忙しい状況では、移動や挨拶等、その隙間の時間を有効に使いたいと思っても、仕事の内容次第はそれも叶わず、そのために深夜残業などの無理をしてしまう経営者もいます。
そんな忙しい経営者におすすめなのが、営業代行です。
営業代行を利用することにより、会社が忙しい状況でも営業を行うことが出来ます。
そして、求人募集で雇った人材と違い、営業代行の人間は、数多くの業種や製品の営業を行ってきた、その道のプロです。
プロに依頼することで、通常よりも大きな成果を出せる場合もあるのです。
これは、求人募集から教育した人材では簡単にできる事ではありません。営業は成果を出さなければ意味がないのです。
そして、営業代行からノウハウを吸収することも出来ます。
経営者自らが営業をしている場合は少なくありませんから、営業の勉強として営業代行と一緒に活動をしてみる事も悪くないと言えるでしょう。
営業代行は、多くの点で経営者の味方と言えます。
忙しいときはもちろん、そうでない時でも、営業代行を利用することで大きな成果を求める事が出来るのです。

1月 25

営業代行を利用する際の注意点

現在ではインターネットの普及や各種分野での起業に関わる法的緩和を受け、個人でビジネスを展開する方が増えています。

個人ビジネスといっても様々ですが、大抵の場合は事業者単独もしくは2名~3名程度の少人数で営業を展開するケースが殆どのようです。

また事務所、
営業所を持たずに活動するケースもあり営業形態は様々ですが、利益を追求するにあたっては、やはりある程度の人員もしくは事務方のバックアップは必要になってきます。

そこで最近よく話題となっており注目されているのが営業代行サービスです。

営業代行サービスとは、自社で展開する商品やサービスを営業代行サービス独自のシステムやネットワークを用い自社に代わって営業展開してくれるサービスです。

また、
消費者側からの問合せや注文に関する応答や受付といった電話代行をはじめとした事務方代行を請け負う営業代行サービスもあります。

利用にあたってはインターネット等への情報登録から始まり契約手続き、打ち合わせと進んでいくのですが、このサービスの利用の際の注意点が幾つかあります。

まずは報酬についてです。
出来高制であればコストも抑えられ費用対効果もはっきり見えますが、基本料金プラス出来高報酬というケースもあり、コストに見合う成果が得られないことも予測されるため注意が必要です。

もう一つの注意点は、自社と同等の営業やサービス品質が保たれるかという点です。

営業代行サービスで活動している実際の現場を直接管理することが出来難いので末端のお客様への印象などのモニタリングをしながら管理する必要性が生じる場合があります。

1月 21

営業代行の賢い使い方

会社は今までの長年に渡って培った顧客のルート管理を徹底して、その事業の利益の安定を図ることも大切ですが、それでは管理して顧客がライバル企業に奪われて少ないなると結果その安定するはずであった利益も先細りしていく可能性があります。

そうした場合には、新規で事業を行い新規客の獲得に乗り出すことが普通ですが、新規事業に参入するには、得る予定である顧客の数を読み違えると企画そのものが破綻します。

また新規事業となるとどのような客を獲得できるかの判断も推定もしずらいのが現状です。
新規事業は立ち上げそのものが成功しても、物が売れないなら意味がありません。

こうした営業のお悩みの際には、営業代行を利用するのは賢い使い方です。

営業強化のためには営業マンを増員することも確かに一つの方法ですが、いくら営業マンを増員しても客層のターゲットを読み違えると単なる頭数合わせになり効果が期待できません。

しかしこの営業代行では、その仕事内容は一連の営業行為つまりまず顧客層の絞り込みに始まり、その層への営業アクセスの確立、法人営業であればその法人の内基幹人材との関係強化、そして商談までの交渉、最終ゴールである商談成立までを行います。

いわゆる単なる経営コンサルティングでは、実践を伴って成果をあげることを目的としているので、この代行依頼に手数料が経費として発生しても、自前で営業して遠回りして無駄になる投資よりもずっとよく、検討に値する賢い使い方であると思われます。

1月 16

営業代行の仕事とは

最近、様々な業務を代行するお仕事があります。

例えば運転代行は
運転を代わりに行う仕事で、家事代行は家事を代わりに行う仕事です。

そして営業代行は、営業を代わりに行う仕事です。
営業は、長時間働いても必ず成果に結びつくとは限りません。

企業側としては、それだけ無駄なコストがかかる部門ということもできます。

そこで注意点として、企業はそのような無駄を削減するために、営業代行を利用する場合もあります。
営業代行と一口に言っても、実際には依頼者や依頼する企業によって実際に行う業務は様々です。

一般的に営業活動には、
テレフォンアポイント(電話で商品やサービスを勧誘すること)や訪問販売、アフターサービスなどが含まれます。

営業代行は、これらの活動の一部または全部を引き受けます。

営業代行の報酬の支払い方法には、大きく分けて固定報酬型と成功報酬型の2つがあります。

固定報酬型は、
売上にかかわらず一定の報酬が支払われる方法です。
例えば1カ月間で30万円、電話1本かけるごとに300円、というように、何かの基準に対して報酬が決められています。

成功報酬型は、
例えば、売上げ1件に対していくら、訪問や商談の予約1件に対していくら、というように、上がった成果に対して報酬が支払われます。

これらの報酬型のうち、どちらか片方を採用するケースや両方を組み合わせて採用するケースがあります。

営業代行については、
依頼する側も依頼を引き受ける側も、報酬や代行する仕事の内容をあらかじめ確認しておくことが大切です。